レッスン受講について

f:id:artysm:20210217172744p:plain

大阪で習える、ユーフォニアム教室

 金管楽器奏者なら誰もが憧れる理想の音、

"柔らかい音色 、豊かな響き、輝くような高音"

これらは本来、誰でも実現可能です。

なぜ、簡単に出来てしまう人と、とても苦労する人に分かれるのでしょう

 

f:id:artysm:20210217173941p:plain

金管楽器コーチン

センスが良い。

スポーツ(体育)でも似たような経験がありませんか? 泳ぎが得意、ボールの扱いが得意な友達、楽器の演奏も身体を使うという点では同じです。

人の学習能力で大切とされるポイントはフィードバック(客観的視点や反応)の能力です。特に、予想とずれた動きになった時、(音程、リズムのズレなど)ナゼ?ドコ?といったように、プレーヤー自身で

演奏→解析→修正→演奏(再検証)

の流れを高い精度で自己完結可能な人、このサイクルがセンスの良し悪しに繋がります。

 

さて、スポーツ界では「コーチ」、「トレーナー」の存在を良く聞きます。

チームの指揮、決定権を持つ監督とは別に、選手に寄り添い、個別の技術面、時に心の支えとなる「コーチ」は指導の専門職。

 実は現在の音楽界では「先生」と呼ばれるティーチング(新しい事を教える)に特化した方がほとんどで、演奏に困っている奏者を具体的な指示で助ける「コーチ」は非常に少ない存在です。 

 

f:id:artysm:20210217183054p:plain
腹式呼吸、○○拍のロングトーン、良くある基礎練習をしても上達しない‥‥

センスで説明した、適切なフィードバックがあれば、もっと上手く演奏出来る。

 

 アーティズムブラスではコーチングを学び、10年以上の指導経験の他、演奏活動も行う、現役大学講師が奏者のそれぞれの悩みに応じ、一緒に改善策を見つけます。

 

スタジオのご紹介

artysmbrass.page

 

 

受講生の声

f:id:artysm:20210217184030p:plain

 

"開放的なレッスンスペースは 過去に経験したレッスン室の圧迫感がなく、ゆったりとレッスン時間を過ごせました。
先生の言葉巧みで親身なご指導が更に心地良い空間となっています"
茨木市/高校生保護者さま

"今まで自分で気づかなかった楽器を響かせるポイントや、楽曲の中での活かし方などを丁寧に指導していただきました。
指導内容の全てが具体的ですので、社会人で練習する時間がなかなか取れなくてもレベルを維持、向上できると感じました"
大阪市/社会人Oさま

"初めてのレッスンに時間をかけて丁寧に粘り強くアドバイスして下さいました。
今後の練習に役立つアドバイスも詳しく、個々のレベルに合わせて適切に指示して下さる先生です"
西宮市/中学生保護者さま

 

◆ 受講料(60分入れ替え制・スタジオ料込み)

  • 新大阪/西宮スタジオ 5000円
  • 本町スタジオ(大阪市中央区) 4000円
  • ※ 遠方の方へは出張も行います、交通費等、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 ⭐️高校生対象、割引きキャンペーン(〜2021年9月30迄)⭐️

 

  ◤レッスンご予約・お問合せ◢ スマホ対応、24時間自動受付システム

 

artysmbrass.page

異国の夕べ

f:id:artysm:20210924223407p:image

ユーフォニアムリサイタル2021

2015年より始めた、リサイタルシリーズが令和3年大阪市助成公演に選ばれました。

今回は2つのソナタと変奏曲を中心にピアノとのデュエット(室内楽)のレパートリーを揃えました。

日時 12/3 金 19時開始予定

会場  ムラマツリサイタルホール新大阪

ホールアクセス JR/メトロ新大阪より徒歩約10分

www.muramatsuflute.com

 

ー 曲目 ー

室内楽作品集

D. ギリンガム  ソナタ ∕ 関⻄初演(日本初演)
A. ジラール  ソナタ
B. マルティヌー  スロヴァキア⺠謡による変奏曲
L. V. ベートーヴェン  モーツァルト魔笛》の「恋を知る男たちは」の主題による7つの変奏曲

L. ビエルヌ 異国の夕べより

J-M. ダマーズ  短編映画 ∕ 2019 大阪初演

電子チケット予約  Tigetより10月8金、発売開始 ↓↓↓

tiget.net

協賛|後援企業紹介 

◆ 協賛 

ビュッフェ・クランポン・ジャパン 

www.besson.com

 

ドルチェ楽器大阪

憧れのケース、マーカスボナ他、豊富なソロ、アンサンブル譜が揃っています。

www.dolce.co.jp

 

三木楽器ローブラスセンター

話題のultimatebrass他、国内外のメーカー各社のマウスピースが選べます。

www.mikigakki.com

 

後援

神戸女学院大学 音楽学部 音楽学科

あおによし音楽コンクール奈良

日本ルーマニア音楽協会 – 日本とルーマニアの音楽の架け橋

 

  

まとめ2

f:id:artysm:20210306231751p:plain

まとめ2

今回は江幡夫妻によるデュオ、グレーアムの紹介です。

アカペラ作品集発表までのいきさつを、グレーアムはこのように語っています。

2020年、特に欧州で甚大な影響を及ぼしたコロナウイルスによる被害は、

楽家達も例外ではありませんでした。そんな中、私自身が最も愛した作品のいくつかに触発され、金管バンドの為のテストピースのモチーフを用いて、本能の赴くままに2重奏版に仕上げました。

 

曲紹介

第1楽章 2/4 Energico (プリズムにちなんで)

金管バンドファンならご存知のプリズム、1986年に書かれた作品で、英国のコンクールの課題にも選ばれる作品です。Energicoは曲後半に現れるメロディですが、今回アカペラシリーズの冒頭に持ってくるほどお気に入りのようです。

冒頭から彼の得意とするシンコペーションのリズムを生かしたメロディと巨極なダイナミクスの変化が特徴的な作品です。

 

第2楽章 a time to love (エッセンスオブタイムにちなんで)

4/4 Adagio espressivo

 

この楽章はエッセンスオブタイムより引用した作品。

この曲のモチーフは旧約聖書の第3章に書かれた、 « 物事を上手く運ぶには相応しい時がある。» a time to be born; a time to dance; a time to love; a time to hate; a time to die; a time to mourn; a time for war; a time for peace. これらの出来事を上手くメロディや和声に落とし込みまれた、宗教的表題音楽の一つと言えるかもしれません。

(The Holy Well 聖なる泉とかも)

あらかじめ定められた時=運命というものをそのまま受け入れたのではなく、人や社会の移り変わりの中で生きる意味としての捉え方をすると、まさにwithコロナでの生活の変化に対応する”今”の生き方に当てはまります。

 

 名手チャイルズファミリーのデモ

youtu.be

公式の譜面リンクはこちら (ト音、へ音あります)

               

drive.google.com

 

視聴チャンネル、サポートチケットご購入はこちらからどうぞ。

        ↓

artysm.hatenablog.jp

3/16 まとめ1

f:id:artysm:20210227223534j:plain


ライブ配信までの間、プログラムの紹介と聞き所をまとめます ✍️

 

まとめ1、3大B、ベートーベン

オリーヴ山上のキリスト op 85

 

ベートーベンといえば、お馴染みの第9、ミサ曲等、合唱でも有名な作曲家です。

因みに2020年は生誕250年のアニバーサリー❗️

このコロナ禍に巻き込まれた音楽家で、最も演奏機会を失った人かもしれません😱

 

さて今回の曲の初演は18034月。ベートーヴェン32歳の作品。

この頃ヨーロッパではフランス革命が起き、ナポレオン反対派によるクーデター等、内政、外政とも不穏な空気に満ちた時代です。

そして、音楽史的に見ると、

1802 ハイリゲンシュタットの遺書

1803 交響曲3番「英雄」』が書かれる

1804 5番「運命」に取り掛る

 

彼の難聴の病いは有名な話しですが、彼自身、この病いを自覚し、遺書を残す所まで追い込まれながら、音楽を支えに前を向き直す、ひとつの分岐点としてとらえられ、彼の作品群で中期のはじまりの位置にあたる作品です。 

 

ところでオリーブ山って 

エルサレム、世界史、宗教で取り組んだはず‥

エルサレムの東にある山の一つ、標高約800m。 

エルサレム神殿、嘆きの壁や,イエス・キリストが十字架を背負って通った苦難の道が残る等、イエスの生涯にも関係が深い街で、キリスト教の聖地でもある。

キリストの弟子達が、どのように祈りを捧げるのか、考えを説いた場所と伝えられている。因みに、関西の方々に馴染み深い、生駒山が640m、六甲山が930mといえばなんとなくこの山のスケール感が伝わるか?

 

ベートーベン作品一覧のまとめサイト

        ↓

sp.universal-music.co.jp

 

聞きどころ

この曲はオーケストラ&合唱の編成がオリジナル。およそ60分の大曲ですが、今回は15分程度のダイジェスト版で3パートに振り分け演奏します。


 弦のパートと歌のパートが混雑しており、音量とアーティキュレーションでそれっぽく変化/メリハリをつけていくのが拘りと難しい所。また、7thのコードを積極的に用いますが、3声なので、この緊張感とバランスを整えるのも苦労します。

 

ライブでは、皆さんの質問に答えるので、楽器や練習の事、大学の授業や、フランス留学の事とか、コメント、メールお待ちしています。

 

応援チケットはこちらのリンク下部より購入可能です。

サポート宜しくお願いします❗️

artysm.hatenablog.jp